アメリカ銀行口座の没収預金を回収し、日本へ送金します。Unclaimed Property (アンクレイムド・プロパティ)

アメリカビジネスのコネクション ジェイコネクション
HOME アメリカ進出支援 アメリカ進出特別企画 専門情報提供 法律/税金相談 ミャンマー進出/調査 会社概要 お問い合わせ
プライバシーポリシー
   

凍結されたアメリカの銀行口座の預金回収サービス

アメリカの銀行口座は、数年間出し入れがないと凍結され、お金を没収されてしまいます。
お金を没収されるまでには、銀行から何度か連絡が入っているはずなのですが、英語のレターやeメールを受け取ってもよく理解していなかったり、お知らせ自体を受け取れていなかったりして、気がついたときにはすでに全額没収されてあわてる方が多くいらっしゃいます。中には、既に没収されていることにまだ気が付いていない方もいらっしゃるようです。没収された預金は、口座があった州以外に行っていることもあります。

口座にアクセスできなくなり、凍結されたことがわかったら、早急に手続きをしてください。手続きは、日本からご本人が行うことも可能ですが

    • やりとりがすべて英語になること、
    • 書類に不備があると、提出から時間が経ってから不備を指摘されて再提出になること、
    • 送った書類が紛失するという事故もままあること、
    • 戻って来たご本人名義のチェックを換金する必要があること
      (つまり、アメリカにご本人名義の銀行口座が必要で、デポジットする人間が必要になります)

こんなことから、アメリカの弁護士に依頼することをおすすめします。
知り合いなど個人に依頼される方もいらっしゃいますが、トラブルの元ですからご注意ください。

弊社のサービスでは、

    1. 弁護士が口座があった銀行に連絡をし、預金の没収先を確認します。
    2. 預金の没収先の州に連絡をし、預金があることと金額を確認します。
    3. 預金の保全を手続きし、回収申請の用紙を入手します。
      (この後をご本人が回収手続きができる場合は、ここまでです)
    4. 弁護士への委任状を書いていただき、回収申請用の必要書類を整えます。
    5. 弁護士が預金が保全されている州に、回収の手続きを開始いたします。
    6. ご本人宛のチェックを弁護士が受け取ります。
    7. 弁護士の信託口座で換金します。確認のために銀行とのやりとりが発生することがあります。
    8. 入金後、日本のご指定の口座に振り込み手続きを行います。

詳細は、お問い合わせください。
>> お問い合わせ

アメリカ進出,会社設立,専門情報(医療,法律,税金),ジェイコネクション